オンライン英会話レアジョブレビュー 〜感想と効果〜

レアジョブレビュー 〜感想と効果〜

スカイプ(Skype)を通して、自宅で英会話の勉強ができるオンライン英会話のレアジョブ。

 

自宅でレッスンを受講できるのがレアジョブの魅力の1つですが、マンツーマンレッスンとなると、自分の英語のレベルで授業についていけるのか不安に感じる方も多いと思います。

 

そこでこのページでは、これまでレアジョブを受講してきたなかで感じた、レアジョブの良い点や悪い点、感想や効果についてレビューしていきます。

 

 

レアジョブのメリット・デメリット

まずは、レアジョブの良い点・悪い点をメリット・デメリットという形で、箇条書きで挙げていきます。

 

 

レアジョブのメリット

  • 自宅で英会話のレッスンを受けられる
  • フィリピン人(英語圏)と実際に英語で話すことができる
  • マンツーマンレッスンなので、周りに気を遣わなくてよい
  • 会話形式なので楽しく勉強できる
  • 聞き取れなかった単語や文は、スカイプ(Skype)のチャットに打ち込んでもらい、確認できる
  • 格安の料金設定
  • レッスン開始5分前まで予約ができ、好きな日程・時間帯に勉強が可能(6:00〜24:55の時間帯)
  • 講師の数が多く、講師の特徴を選択できるため、自分にあった講師・勉強ができる
  • iPhoneやスマートフォンのスカイプ(Skype)でもレッスン可能

 

 

レアジョブのデメリット

  • 英会話をするには良いが、机上の文法を勉強するには不向き
  • 日本語を話せると言う講師もいるが、挨拶程度でほとんど話せない講師が多い
  • 天候などスカイプ(Skype)の回線の影響により、ノイズがまじり音声が聞き取りにくいことがある
  • ごく稀に教え方が雑な講師も存在
  • ダウンロード教材をコピーして使う場合、コピーに手間がかかる
  • ダウンロード教材をコピーせずに使う場合、教材に直接メモを書き込めない

 

※レアジョブの教材には、基本的に日本語訳が付いていますが、日本語を話せない講師も多く、説明の際に手間がかかることがあるため、「机上の文法を勉強するには不向き」と記載しています。

 


 

 

レアジョブの感想

上記でレアジョブのメリット・デメリットについていくつか記載しましたが、レアジョブの最大のメリットは、共通語として普段から英語を用いているフィリピン人と、格安で英会話ができることだと思います。

 

 

そして、英会話上達においてまず必要なことは、「英語での会話に慣れる」ということだと思います。

 

 

英語で会話をするには、相手の言葉を適切に「聞き取る」こと、「理解する」こと、そして理解したことを頭の中で考え整理し、それを英語に直して「伝える」という作業が必要になってきます。

 

 

私は、これまで2年間レアジョブで勉強してきましたが、普段から英語を用いて生活をしているフィリピン人と実際に会話をすることができるレアジョブは、そういった意味で英会話の勉強をするには最適だと感じています。

 

 

レアジョブの効果

レアジョブを始めた当初は、それまで英語で会話をするという機会がほとんどなかったため、単語や文法など机上の勉強はある程度できても、会話がほとんどできませんでした。

 

 

しかし、レアジョブを始めてから講師と毎日英語で話すうちに、少しづつ英語の聞き取りや、聞き取った意味を理解できるようになってきました。

 

 

また英会話に慣れてきたこともあり、同じ表現を複数の違った表現で言い回すことができるようになるなど、伝える力もついてきたと思います。

 

 

私はTOEICや英検などのテストは受験しないので、数字を示して「これだけの効果があった」とは、はっきり言えませんが、今では一人で海外旅行に行っても困らない程度になりました。

 

 

先に述べたように、机上の文法を1から学ぶには、レアジョブは不向きかと個人的には思いますが、文法を別に自分で勉強している方、もしくは中学生レベルの基本的な文法ができる方で、英語をもっと勉強したいという方にはかなりオススメです。

 


 

 

 

トップページ