レアジョブは意味がない?英語が上達するには・・・

レアジョブを有効活用するために知っておくべき事

オンライン英会話のレアジョブには「自宅にいながら好きな時間に好きなだけ(コースによります)、それも格安で外国人と英会話の勉強ができる」という大きなメリットがありますが、どれだけたくさんのメリットがあっても英語が上達しなければ意味がありません。

 

これから入会や受講を考えている方のなかには、「レアジョブは意味がないのではないか」「本当に効果があるのか」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そこで、経験者が体験談を交えながらレアジョブの有効な活用方法について解説していきます。

 

 

 

レアジョブは意味がないのか?

 

まずは英語の勉強において「レアジョブは意味がないのか?」それとも「効果的な勉強方法なのか?」についてお話していきます。

 

結論としては、「どちらともいえます」。

 

上手に使えば有効な勉強手段になりますし、もちろん逆の場合もあります。例えば、英語(単語や文法)が全く分からない状態でレアジョブを始めた場合はほとんど意味がないといえます。

 

レアジョブの講師(フィリピン人)は日本語も話せる先生もたくさんいますが、必ずしも全員が日本語ペラペラというわけではなく、カタコト、もしくはあまり日本語を話せないという講師もたくさん存在します。

 

そのため、単語や文法など英語の基礎を全く知らない状態でレアジョブを始めると、授業や先生の言っていることの意味が分からず、上達もしにくく効率が悪くなってしまいます。

 

 

 

レアジョブで英語が上達するには

 

では、どのように勉強するとレアジョブを有効に使え、英語が上達しやすくなるのでしょうか。

 

コツとしては、レアジョブはあくまで「英会話(会話)の勉強」と割り切って、基本的な英語の知識(単語や文法)は別に勉強する必要があるということです。

 

つまり、レアジョブは自己学習(もしくは学校や英語塾等)で学んだ英語(単語や文法)を実践的な会話のなかでアウトプットし、発音や聞き取り、言い回しなどを学習する場と考えてください。

 

単語や文法などの「インプットは自己学習(もしくは学校・英語塾など)」、発音や聞き取り、学習した英語を実践の場で使ってみるなどの「アウトプットはレアジョブ」と捉えると良いでしょう。

 

 

 

まとめ

 

レアジョブは「英会話」の上達・習得を目的として利用するもので、単語や文法を含めた「英語」の学習には不向きです。

 

英語(単語や文法などの基礎知識)を全く知らない初心者の方がレアジョブを利用しても、あまり意味がない(効果が薄い)でしょう。

 

英語のレベルとしては中学生レベルの英語力があると比較的スムーズですが、そうでない場合は同時進行で基礎知識の自己学習していくことをおすすめします。