英語学習のモチベーション維持・アウトプットにはオンライン英会話

マンネリ化した英語学習の環境を変えよう

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、海外への行き来が限定されるようになってから約1年が経過しましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

身近に英語で話せる外国の友人または家族がいるという方や、仕事上毎日のようにビジネス英会話をしているという方はいいのですが、「海外旅行に興味があって英語を勉強し始めた」という方にとっては、日常生活の中で勉強の成果を発揮する場もなく、少しモチベーションが保ち辛い環境となっています。

 

ただ、最近は医療従事者を対象とした新型コロナウィルスのワクチンの先行接種も始まってきており、一般の方の接種もそう遠くはないでしょうからワクチンの効果によっては、以前のように気軽に海外旅行に行けるようになる日は近いかもしれません。

 

その時を見越して、今の自宅で過ごせるこの時期をチャンスととらえてしっかり勉強していきましょう。

 

それでもやっぱり間近の目標がないと「モチベーションが上がらない」という方は、オンライン英会話を始めてみてはいかがでしょうか

 

オンライン英会話だと英語を話す環境ができるので、モチベーションのアップにもつながりますし、机上の勉強で理解できていると思っていたところが、いざ会話となると理解できていなかったりと、実際に知識として「知っている」のと知恵として「使える」ということの違いに気づくことができます。

 

なにより、近頃は学習における「アウトプット」の重要性が叫ばれるようになってきました。

 

そこで、これまで学んだ知識や自己学習で学んでいること(インプットしたこと)をオンライン英会話でアウトプットするという学習方法は非常に効率の良い学習方法になるはずです。

 

世界各国の人々の海外旅行に対するハードルが高くなっているため、自分が海外へ行くことはおろか、日本にやってきた外国人を見かけることすらほとんどない昨今。

 

また、今は外出自粛も重なって益々英語を話す機会がますます少なくなってきています。

 

「モチベーションの維持・UP」そして「学習のアウトプットの場」として、この機会にぜひ自宅で簡単にできるオンライン英会話を始めてみてはいかがでしょうか。

 

辛い時期ではありますが、この時期をもうひと踏ん張りして乗り越えて、アフターコロナは海外で思いっきりエンジョイしましょう。